法律による総量規制には例外が設けられています…。

カードローンの金利を比較検討する際は、利率の幅を示す「上限金利」と「下限金利」を区別して行なうことが必要不可欠だと言えます。なぜそうするのかと言うと、金利は「借入金額によって異なる」からです。前に消費者金融のキャッシング審査で不合格になった経験がある人だとしても、総量規制が適用されないキャッシングを依頼するようにすれば、融資を受けられる可能性が十分にあると言って間違いありません。法律による総量規制には例外が設けられています。例を挙げると、「おまとめローン」で借入するような場合は、総量規制に制約されることなく、年収の3分の1を越す借入が可能というわけです。カードローンの借り換えを行なうときは、貸し付け金利がどの程度有利になるのかも見逃せないポイントですが、そもそも余裕を持ったお金を用意してもらえるかどうかが大事だと言えます。貸付の際に、収入証明書の提出を必須条件というふうに義務づけているのは2007年に施行された貸金業法です。だからこそ、消費者金融でキャッシングの申込申請をする時は、収入証明書を要求されるのが普通だというわけです。無収入の場合、総量規制に引っかかる金融業者からは、基本的に借りることはできません。それがあるので主婦がお金を借りられるのは、銀行しかないということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です